ヘッダー_タイトル
カーオーディオ_タイトル
カーオーディオ_タイトル

 

カーオーディオ_基本工賃一覧_ボタン

 

line_up

 

door panel box buffa

 

line_down

 

パネル_タイトル

 

セパレート型スピーカーの場合、ツィーターの取付位置には気をつかいますよね?
当店では実際に音を出しながら最適の位置を探し、それに合わせてツィーターを固定します。

 

パネル_写真1_純正ピラー パネル_写真2_下準備 パネル_写真3_リング作成
     
1. 純正ピラー 2.下準備 3.リング作成
ノーマル状態のピラーです。 Aピラーを取り外したら、パテ成型を
するのですが、乗りをよくするため
に、ペーパーで表面を磨ぎます。
取付するツィーターに合わせて
リング状の台座を製作します。
DIYでするときはホームセンターで
売っている塩ビパイプなどで代用で
きますが、サイズが合わないと取付
したときにカッコ悪くなっちゃいます
し。。。
     
パネル_写真4_仮固定 パネル_写真5_パテ成型 パネル_写真6_仕上げ
     
4. 仮固定 5.パテ成型 6.仕上げ
取付する位置の部分をカットし、
先ほどのリングを仮固定します。
このとき実際に音をだして位置を
決めるのが理想的ですね。
フロント、サイドガラスの反射を
防ぐためにシフトぐらいに角度を
向けるのが一般的です。
いよいよ成型です。
いい音が出るように位置を決めて
も、見た目が悪かったら、いい音が
出ている気になれないかも
しれません…。
デザインにも気を使いパテを盛っては
削り、盛っては削りの繰り返しです。
成型ができたら、アルカンターラを
巻いて完成です。
デザインによって生地を巻くことも
考えないと仕上がりが、しわしわに
なってしまうので注意!
レザー仕様や塗装で仕上げることも
可能です。
     
 
カーオーディオ_基本工賃一覧_ボタン